Wixダイナミックページ(動的ページ)制作を動画で解説しました!

最終更新: 2日前


YouTubeで視聴する>>


こんにちは!大阪府和泉市のホームぺージ制作会社 ACTONEの和田英也です!


Wixダイナミックページ(動的ページ)制作について、動画でまとめました!


世界で2億人ユーザーを突破したWix。 ホームページ制作だけでなく様々なマーケティングツールを使用できるCMSです。


Wixならデータベースを使って簡単にダイナミックページ(動的ページ)が作成できます。

これによって、キュレーションサイトやレビューサイトのような、数多くのページを表示させるサイトが簡単に作成できます。


ダイナミックページ (動的ページ)とは?


WEBサイトにおいてユーザがアクセスするたびにプログラムによってページを生成して表示することを言います。 映像や画像、テキストなどが操作によって変化したり、操作する内容によって表示内容が変化したりします。例えば、サイト来訪者が見たいページを表示させるために、「検索機能」を設けてサイト内を検索して結果を表示させることも動的ページの一つになります。

お分かりになりましたでしょうか?


文章で説明されてもピンときませんね…

食べログとかSUUMOみたいなやつを思い浮かべると分かりやすいかと思います。

データの一覧みたいなものがあって検索出来たりとか、その結果をクリックすると詳細が見れたりっていう。

食べログで言うと、ラーメン屋を調べた時にたくさんのデータが出てきますよね。

そして、例えばラーメン屋Aをクリックすると、ラーメン屋Aの詳細が出てくる。

ラーメン屋Bをクリックするとその詳細…といった動作になりますが、これってもちろんラーメン屋AとかBの詳細ページを全て作っているわけではありません。


1つのデータベースから、これをクリックするとこのデータを表示するみたいな構造になっているわけです。



こちらは実際のWixのデータベースです。

Excelの表のようなイメージですね。

こちらに画像やテキストなどを入力し、サイト上で必要なデータを呼び出してページに表示するといった仕組みです。


動画の内容


20分程度の動画で以下のような動的ページを1から作成する手順を解説しております。


データの一覧を表示させるページです。

一覧から「詳しく見る」で個別ページに展開します。


ぜひこちらの動画でデータベースの基本やダイナミックページ(動的ページ)の制作をマスターしてください!






21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示