top of page

コレクションをスプレッドシートで編集する方法



こんにちは!

Wixパートナーレベル最上位 レジェンドを取得しています

合同会社アクトワン代表 和田英也です!


今回はWixのコレクションのコンテンツをインポート/エクスポートする方法について、実際の操作画面をキャプチャで映しながら解説致します!


WixのコレクションのコンテンツはCSV ファイルとしてエクスポートすることができます。

また、編集したCSVファイルをインポートすることも可能です。


Google スプレッドシートや Excel などの別のアプリケーションで コレクションの中身を編集することで、コレクションのデータのスムーズな更新が可能になりますので、是非マスターしてください!


それでは早速始めましょう!


▼ 目次


エクスポート

コレクションの「その他のアクション」を選択します。


こちらの「CSV形式にエクスポート」をクリックします。


すると、エクスポートするデータについての選択が現れます。

図示の3通りを選ぶことができます。


今回は1番よく使うであろう「コレクション全体のエクスポート」を行います。

すると、上図の画面が表示されるので、ファイルをダウンロードをクリックします。

これでCSVのダウンロードができました。

しかし、CSVファイルの状態では、編集がごちゃごちゃしていてやりづらいので、編集する際はスプレッドシートを使います。


スプレッドシートでCSVを編集

スプレッドシート上でファイルを開きます。

アップロードで先ほどのCSVを開きます。

すると、このように先ほどのデータがスプレッドシートに反映されました。

スプレッドシートでは全て基本的にテキストデータに変換されます。

リッチテキストやリッチコンテンツなどは上図のようにテキストデータだけでなく、それぞれの形式でデータ化されているので、こういった特集な箇所はスプレッドシートでの編集は難しいかもしれません。

では、今度はスプレッドシートの状態からCSVファイルをダウンロードしていきます。


スプレッドシートのファイルからダウンロード、CSVを選択します。

これでダウンロードできました。

スプレッドシートからダウンロードしたデータは自動的に図示の名称になります。

元が「企業データ」であったものが「企業データ - 企業データ」といった感じです。


インポート

ではWixのコレクションに先程のデータをインポートするのですが、このままインポートすると、同じデータがさらに3つ入ることになります。


要は今入っているデータと置換するわけではないので、データを重複させたくない場合はすでに入っているデータを削除いたしましょう。

削除する時は上図赤枠を全て選択した上で、削除します。

こちらで削除してしまうと、コレクション上で復元できないのですが,先ほどのエクスポートした内容がございますので、そちらをバックアップとして残しておきましょう。

アイテムをインポート

ファイルを選択、先ほどスプレッドシートで編集したデータを選択して、開くを押します。

すると、インポートするカラムを設定という画面が出てくるので、こちらからデータに入れる項目をチェックしていくのですが、今回は元々コレクションにあった内容を編集してインポートするので、全ての項目が揃っている状態です。

ただステータスの箇所(データを表示または、非表示にする箇所)だけは、エクスポートした段階ではインポート出来ません。


この状態で次へを押します。

すると上図のような確認画面がでてくるので、確認したらインポートを押します。

これでインポートできました。

画像もエクスポート時はテキスト化されていましたが、ちゃんと画像として表示されていますね。

ステータスの箇所はデフォルトの状態になってしまっているので、再度設定が必要です。

その他は問題なくインポートできています。


このようにしてインポート、エクスポートを使用します。


以上がCSV、スプレッドシートを使ったインポート・エクスポートでした。



動画解説版はコチラ


チャンネル登録・高評価・動画に対するコメントなどよろしくお願いいたします!


Wix Tech Salon

Wixのオンラインサロン Wix Tech Salonのバナー

アクトワンではWixクリエイターを中心としたオンラインサロンを運営しております!

Wixの知識のシェアや、ビジネスの課題解決、メンバー同士の交流を目的にしています。 ご興味がある方はぜひ覗いてみてください!


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page