top of page

弊社がWixでサイト制作をする理由

更新日:2023年6月20日


Wixパートナーレベル最上位 レジェンドを取得しています

合同会社アクトワン代表 和田英也です!


今回、日本 Wix 研究所様のYouTubeチャンネルに出演させていただきました!

「Wixパートナーに聞いてみた。どうしてWixなの?」というテーマで前編・後編にて語っております。



高評価・動画に対するコメントなどよろしくお願いいたします!


こちらのブログでは、動画では語りきれていなかった部分を記事にしましたので、是非読んでみてください!


Wixの魅力はなんですか?

使いやすさと機能が充実しているところだと思います。 僕がWixを始めたきっかけは、実はただの偶然なんです。

サラリーマンをしていた時に個人的な仕事として、知り合いの社長さんに「ホームページを作って欲しい」と頼まれ、帰りに本屋で買った本が「Wixでホームページ制作」という本だったんです。


それが2016年頃だったので、そこから一度も他のツール使いたいと強く思った事はないので、やっぱりWixには魅力があるのかなと。


Wixの魅力を具体的に挙げると、使いやすさがまず1番ですね。


コーディングみたいな難しいことを最初に考える必要がないので、直感的な操作でサイトができていくと、「なんか楽しい」って感じられるので、そこからどんどん没頭できると思うんです。


この感覚ってクリエイティブを作るうえですごく大事なことだと思ってます。 もう1つは機能が充実しているところです。


おおよそ普通にWebサイトで作りたいって思うような機能は用意されているんじゃないでしょうか?


ネットショップであったり、予約であったり、オンラインで支払いを完結できるので、Wix1つでビジネスモデルが構築できますよね。


また、難しいSEO設定のところや、サイト分析なんかもWixのダッシュボードにマーケティングツールが集約されているので、初心者でも基本的なWebマーケティングの施策を立てやすいのも魅力的です。


どうやってWix 認定パートナーになったんですか?

パートナー制度のこと自体を知ったのはWix界の先輩に会いに行って教えてもらったのがきっかけです。


すぐに認定パートナーになりたいと思い、パートナープログラムに参加しました。


そこから制作数をこなすことも意識し、パートナーランクを上げていくことにも成功しました。


僕は偶然Web制作を始めることになって、偶然Wixを選んだのですが、やっていく中で本当に夢中になっていたと思います。


そして、もっと仕事をこなしていきたい!と思い、営業活動に励みます。

知り合いの社長さん、大阪の都心にあるビルのオーナーさんだったんですけど「今こんなことやってるんです」と一生懸命お話しに行きました。


「ホームページのない会社に対して、駆け出しなので勉強させてもらっているという気持ちで安価でホームページを作らせてもらってるんです」と。


自分の熱意をこめたプレゼンをしたんです。

そしたら、そのビルのオーナーの社長さんが


「じゃあウチのサイトも作ってよ」


みたいな感じで、またお仕事をいただけて、

そちらも会社が休みの日を使って一生懸命仕上げました。


これはいよいよ自分のホームページも作って事業化していきたいなと思ったんですよ。


ホームページ制作事業者としてのホームページです。

当時はまだ会社員だったので、個人事業としてのホームページを作りました。


自分の事業のホームページが出来上がったので

実績も掲載して、こういうサービスをやっていますと言うのがちゃんと

紹介できるようになりました。


そこから次は零細・中小企業をお客様にしているような

会社で勤めている友達に営業を手伝ってもらったんですよ。


営業先の社長さんとかに

「ホームページとかもし作りたかったら、めっちゃ安く作ってくれる個人デザイナーいてるから紹介しますよ」って言ってみて。


という感じで。

制約すればキチンとお礼も返させてもらうからと

紹介者のメリットも出せるようにしました。


このようなことを繰り返し、実績を作ってパートナーランクも少しずつ上がっていきました。


昨今、Wix クリエイターが増えています。 Wixを使った制作時に大切にするべきポイントはありますか?

Wixに関わらずなんですが、以下の点が重要かと思っています。


1. サイトの目的を明確にする

「なぜサイトを作るのか。」「なぜWixでサイトを作るのか」を明確にしておかないと、 「こちらがWixでしか作れないから、とりあえずWixで作ります。」ではダメだと思うんですよね。


お客様も別にサイトという作品を作りたいわけではないと思うので、 問合せを増やしたいとか、ブランドイメージを伝えたいとか ネットショップで商品を売りたいなどの目的があるはずです。


ちゃんとお客様の目的に沿ったサイトを作ることが大切です。


2. お客様で更新してもらえることを前提に制作する

自身で更新ができることがWixで作ることの大きなメリットの1つだと思うので、ここで複雑な構造のアーティスティックな作品的なものを作って、更新がしづらい構造だと、Wixで作る意味があまりなくなるのかなと。


3. SEOは制作とセットで考える

よくWixでサイト作れます!と名乗ってくださる方もいらして、 それは喜ばしいことなのですが、「編集できる」と「サイトとして機能させる」はまた別の話です。


せっかくWebサイトという自社を知ってもらうための場所を作ったわけですから、 そこに呼び込むこをセットで考えないと、仕事としてサイトを作ったとは言えないと思います。


サイトに呼び込んでいく行為はWebマーケティングにあたるわけですが、 SEOはその第一歩だと考えています。


SEOは長期で取り組むものですが、きちんとした初期設定をして Googleにインデックスする作業は、商品にラベルをつけて商品棚に置く行為に等しいので、 制作事業者としてのマストスキルです。


Wix パートナーに制作依頼をする際に気を付けるべき点 はありますか?

先ほどの内容と重複する部分もあるのですが、 サイトの目的と、どこまでを依頼するのかを明確にしておくことだと思います。


サイト自体の制作をすることと、マーケティングをサポートすることはまた別なので、 自社でマーケティングをしていきたいと考えた時に知識ゼロでスタートしたとすると、やはり実際に数値を見て→サイト改善をするみたいなことってある程度パートナーさんに伴走してもらわないと難しかったりします。


制作の段階でそれをお互いに認識していれば良いのですが、 制作だけの依頼だと、そこが含まれていなかったりするので、 ちゃんとその後の運用も見据えて、スコープを決めておくと良いと思います。


あと細かいこと言えば、スポット編集などをお願いする時に サイトの編集時間の取り決めをしておくとかですかね。


まとめ

弊社は合同会社アクトワンという名前で、大阪でWixパートナーとして活動しています。


Wixを使ったWeb制作を専門にしております。

通常のエディタ構築だけではなく、Velo by Wixという、コーディングを使ったサイトのカスタマイズも承っており、Wixが公式に出しているVeloの開発ライセンスを保有した会社でもあります。


また、ひでやのチャンネルというYouTubeチャンネルにおいては、 本当にWixの使い方の基本の動画をたくさん配信していますので、 マーケティングや実務の情報をたくさん出されている 日本Wix研究所さんのチャンネルと一緒に見て頂くと、 よりWixとWebマーケティングの知識を深めて頂けると思います!


Wix Tech Salon

Wixのオンラインサロン Wix Tech Salonのバナー

アクトワンではWixクリエイターを中心としたオンラインサロンを運営しております!

Wixの知識のシェアや、ビジネスの課題解決、メンバー同士の交流を目的にしています。 ご興味がある方はぜひ覗いてみてください!


閲覧数:50回0件のコメント

Comments


bottom of page